ここから本文です

MEN'S CLUB

MEN'S CLUB 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
ハースト婦人画報社
前へ 1/5

2016/06/18

洒落者に聞く、
あなたのトラッドアイドルは誰?
 

男性はトラッドに憧れ、いつも時代を牽引する人は“トラディショナル”な着こなしです。言いかえると、伝統的であることは、最先端であるということ。その証拠に、いま世界的なトレンドとして注目を集めるのがトラッドです。時代とともに成長し多様性を構築してきたトラッドスタイル。現代の洒落者に、トラッドなアイドルを挙げてもらい大人トラッドを再検証します。
 

本当に格好いい英国スターはどっち?
階級社会を批判する紳士 ハリー・ハート
 
時代にフィットさせる紳士 ジェームズ・ボンド
 

新旧英国スパイに見る着こなしと精神
ハリー・ハートとジェームズ・ボンド、同じ英国のスパイながら、その振る舞いは異なります。滝沢さんは、「スーツを装うことは文化や思想も一緒に装うこと」といいます。映画『キングスマン』は伝説のエージェントから若者への精神、スタイルの継承が描かれています。また、英国人らしい皮肉を込めたアメリカ描写もたっぷり。きちんとテーブルセッティングされた席に運ばれるのがマクドナルドだったり、アメリカ南部の人種差別主義者たちがハリーによって始末されるなど、アメリカとは一線を画します。

一方、エリート教育を受けたジェームズ・ボンドは、紅茶が嫌いでコーヒー好きだったりと、アメリカ的要素を受け入れ、伝統的な英国を拒否する場面すらあります。着こなしも、構築された伝統的なスーツのハリーに比べ、体にピッタリと吸いつくような現代的な仕立てのスーツ。「ボンドは自分の流儀を持ち、それを徹底している」と田窪さん。英国様式に敬意を払いつつ、上手に折り合いをつけているのです。英国紳士ながらハリーは正統派、ボンドは現代さを上手に取り入れるインターナショナル派。しかし、両者に共通して見えるのは、階級社会が根強い英国に対する反撥。紳士とは、ファッションではなく、“スタイル”を提唱するものだと、教えてくれます。

 
Photograph /AFRO, Getty Images Illustration / Kazutaka Tsugaoka
Composition & Text / Gotaro Hosomura Edit / Masahiro Nishikawa, Hikaru Sato
[MEN'S CLUB 7月号 P94~]
 

この記事のキーワード

【MEN'S CLUB】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

洒落者に聞く、あなたのトラッドアイドルは誰?

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年7月号

夏の悩みはトラッドが解決!

夏の大人トラッドはIVYにあり!/洒落者に聞く、あなたのトラッドアイドルは誰?/最新時計153本を巡る旅/社長のフレグランス/オープンエアの“絶景”バー

2016年7月号 5月24日発売 ハースト婦人画報社 特別定価850円

夏の悩みはトラッドが解決!