ここから本文です

OCEANS

OCEANS 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
前へ 1/6

2016/06/29

大盛りをやめた大人の
サマーアクセサリー図鑑
 

もうすぐ夏、いや気分はもう夏。余計なものを脱ぎ捨て、シンプルになったコーディネイトと反比例し、アクセの存在感は増すばかり。とはいえ、やたらに盛るのはもう卒業。気負いなく身に着けたいものを集めてみた。
 

存在感のあるものを1点着け

重ね着けするだけがお洒落じゃない。潔く1点着けで勝負するのも、また一興。それにはまず、ひとつで存在感を示せるアクセサリーが必要だ。

1960~’70年代のヒッピーをイメージし、ハンドクラフトによって裁断、縫製されたレザー製のフェザーネックレス
1960~’70年代のヒッピーをイメージし、ハンドクラフトによって裁断、縫製されたレザー製のフェザーネックレス。存在感を強めるビッグサイズは、単体でもコーディネイトの華になる。ネックレス1万円/モトラリー×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)、Tシャツ6900円/デサント オルテライン(デサント ブラン代官山店)、サングラス2万4000円/レイバン(ミラリ ジャパン)
 
繊細なフェザーカービングのネックレス
左●繊細なフェザーカービングのネックレス。そのトップに加え、約8mmの大粒ビーズが存在感を高める。4万円/ルースターキング(S.O.S fp 恵比寿本店) 中左●神秘的な縞模様が魅力のブルータイガーズアイのネックレス。不規則に配されたマルチカラーのビーズがアクセントになっている。1万6000円/ミキア(タイドPR) 中●紐もリーフもオールレザー製のネックレス。中央には極小ビーズによるドリームキャッチャーが。2万9000円/RTH(CPCM) 中右●ブランド初となるバンダナ生地使いのネックレスは、日本別注により実現。2800円/ワカミ(ザ・コモンテンポ 原宿) 右●2種類の異なる形状のメタルビーズを採用したネックレス。控えめな輝きが胸元に大人らしい華を添える。1万8000円/ユニフォーム・エクスペリメント(ソフ)
立体的なモチーフと素材を切り抜くカットアウトが魅力のバングル
上●立体的なモチーフと素材を切り抜くカットアウトが魅力のバングル。20万円/コディ・サンダーソン(ワールドスタイリング) 中上●素材に廃材となった水道ホースを再利用した変わり種。アフリカ・ナミビア製のアップサイクルバングル。4700円/ザ・ベース・プロジェクト(S.O.S fp 恵比寿本店) 中●マット、ミラー、ストーンと異なる加工と素材が共演するバングル。7万5000円/メタファー×アロイス ワグナー(スティーブン アラン トーキョー) 中下●溶かした銀貨を素材に使うなど、プエブロ族の伝統が息づくバングル。30万円/マイク バード ロメロ(ゴッドトレーディング) 下●幅3.7cmの迫力サイズ。キップレザー製のベルトタイプブレスレット。6000円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)
 
 
太田泰輔=写真 川田真梨子=スタイリング 古川 純=ヘアメイク 安岡将文=文
[OCEANS 7月号 P188~]
 

【OCEANS】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

大盛りをやめた大人のサマーアクセサリー図鑑

FacebookでX BRANDをフォロー