ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社
前へ 10/12

2016/05/31

買って間違いない
名品スタンダード図鑑
 

ヴァレクストラのドキュメントケース
about BRAND
1937年ミラノで創業。’50年代に欧州で人気が高まり、紳士たちの御用達ブランドに成長する。“主張しすぎない存在感”に美学が宿る。
1995年

流行のクラッチバッグこそ
革製品造りのパイオニアに学ぶ

上質でそこはかとなく高級感を漂わせるカーフの新型クラッチバッグ。独自開発の素材やカラーリング、巧妙なデザインを駆使し、常に第一線で革小物の楽しさを提案し続ける。14万5000円(ヴァレクストラ・ジャパン)

ジョン ロブの「ロペス」
about BRAND
1866年にロンドンで靴職人のジョン・ロブ氏が開いたビスポーク靴の工房がルーツ。1982年から既製靴の展開をスタートさせる。
1994年

世界最高峰を味わうなら
“一枚革”のローファーが旬!

ジョン ロブの歴史を築いた定番モデル。それ以外を一枚革で包み込んだサドルやエレガントな木型、合わせモカ縫いの美しさが色気を放つ。木型「4395」。グッドイヤーウエルト製法。19万円(ジョン ロブ ジャパン)

タイ ユア タイのセッテピエゲ
about BRAND
1983年、フランコ・ミヌッチ氏がフィレンツェに開いたショップのオリジナルブランド。今も変わらず当時のタイが日本で展開される。
1996年

通常の倍近い生地を使う
セッテピエゲを作り続けて33年

東京・青山にショップがオープンした1996年当時からのロングセラー品。当時は芯地を使ったタイと芯なしセッテピエゲの半々で展開していたが、今から10年程前にセッテピエゲ一筋に。2万8000円(タイ ユア タイ 青山)

エドワード グリーンの「ドーヴァー」
about BRAND
1890年、エドワード・グリーン氏がノーサンプトンで創業。英国靴の基本スタイルの継承者にして、数々の名作を生み出してきた名門。
1995年

オン・オフ兼用の“足名人”は
黒の表革に再び注目!

このブランドにしては珍しい外羽根式。モカ部分のスキンステッチの美しさが何よりの魅力だ。ジャケパン主流の時代に、オン・オフ兼用できる本格靴として市場を牽引する。木型「32」を採用。17万円(ストラスブルゴ)

スウェイン・アドニーの「ポートランド」ブリーフケース
about BRAND
1750年に馬具の鞍の専門メーカーとして創業。1780年より英国王室御用達ブランドとして君臨。250年前から変わらぬ道具と製法を駆使しブライドルレザー製品を作る。
1998年

ブライドル鞄の老舗がコンパクト
にリサイズした傑作を見逃すな!

現代のビジネススタイルに合わせ、コンパクトで日本人にも持ちやすい現モデルで展開されたのが2009年。英国らしいロンドンタン(写真)のほかに、黒、チェスナット、ハバナの4色展開。縦28×横39×マチ9cm。31万円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

ルイジ ボレッリの「ルチアーノ」
about BRAND
1957年、ナポリでシャツブランドとして創業。2013年に南青山に直営店をオープン。現在、シャツ、タイをはじめ、トータルラグジュアリーブランドとして注目される。
1983年

日本からのリクエストによって定番
となったセミワイドで洒落る!

日本に上陸して以来、豊富な襟型で多様なスタイルに対応してきたボレッリ。そのなかで唯一今も残る襟がルチアーノだ。長年にわたる日本からのリクエストに本国が応える形で、定番化されたワイドカラーの名作だ。3万円(バインド ピーアール)

 
[MEN'S EX 5月号 p156~]
 

この記事のキーワード

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

買って間違いない! 名品スタンダード図鑑

FacebookでX BRANDをフォロー