ここから本文です

GQ JAPAN

GQ JAPAN 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
コンデナスト・ジャパン

2016/04/07 ~

2016年 春夏
シューズ&バッグ ホットトピックス
 

SOLOVIERE PARIS

セレクトショップがこぞって買い付けた
フェミニンかつモードな一足

ソロヴィエールは、10年以上にわたって名立たるブランドの靴作りに携わってきた女性デザイナー、アレクシス・オーベールが手掛ける気鋭のシューズブランド。その代表モデルである「マシュー」は、足入れ滑らかで包まれるようなフィットがうれしい、一枚革のカーフスエードをアッパーに使用。ダンスシューズのように優雅で小粋な“パリジャン”スタイルが、難なく手に入る注目のフラットシューズだ。また、軽量ながら耐久性も申し分なく、レザーソールの一部にはゴムパッチ。紐を結ぶことで生まれる独特のシワが、高級感たっぷりでで奥行きのある表情を演出してくれる。

SOLOVIERE PARIS
美しい色出しと豊富なカラーバリエーションも、魅力のひとつ。気分次第で履き替えたくなる、“大人買い”もおすすめのトレンドアイテムだ。ホワイト、ネイビー 各¥46,000〈SOLOVIERE/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館〉 ブラウン、ベージュ、カーキ 各¥46,000〈SOLOVIERE/伊勢丹新宿店〉 イエロー¥46,000〈SOLOVIERE/トゥモローランド〉
 
 
COACH

75周年という節目にこそ
伝統のクラフツマンシップを堪能

この春、創業75周年を迎えるコーチから、“ハウス・オブ・レザー”としての伝統を凝縮した「グラブタン レザー アーカイバル リュックサック」が登場。使い込まれた野球用グローブにインスパイアされ開発されたグラブタン・レザーの質感や風合いを、モダンなデザインとラップトップスリーブなどの機能的な仕様とともに味わえる特別モデルだ。

COACH
なんと裏地にまで薄くなめしたグラブタン・レザーを使用した、まさしくオールレザーの逸品。エッジペイントにより、モダンな遊び心も追求。(W36×H43×D12cm) ¥120,000〈COACH/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン〉
 
 
sacai

スポーツサンダルを進化させる
創造性とクラフツマンシップ

人気ブランドのサカイが、エンダースキーマとともに共同制作によるレザーサンダルをリリース。ベジタブルタンニングを施した牛革、山羊革を使用し、パーツごとに素材を変更したりレザーに梳きをかけ厚みを調整することで、柔らかなカーブや立体感、履き心地の良さを実現。アイコニックなヌメ革だけでなく、ミニマルなブラックも展開する。

sacai
購入したその日から、驚くほどのフィット感と足馴染みの良さが味わえる逸品。自分だけのエイジングが味わえるのは、ナチュラルなヌメ革の特権だ。¥68,000〈Hender Scheme for sacai/サカイ〉
 
 
BALLY

先月オープンした
銀座店の限定バッグ

3月31日、バリーの日本旗艦店となるバリー 銀座店が、東急プラザ銀座1、2階にオープンした。“時代を超越したモダニティ”という哲学を具現化した世界最大規模の店内には、メンズ&ウィメンズのフルコレクションをラインナップ。またシューズのメイド・トゥ・オーダー、シューシャインサービスなども提供する。同店だけの限定バッグも要チェック。

BALLY
大胆な型押しのロゴで人気の「B TOTE」に、日本限定カラーバッグが登場。普段使いはもちろん、出張やパートナーとのシェアユースも楽しめる(W32×H40×D10cm) 各¥155,000〈BALLY/バリー 銀座店〉
 
BALLY銀座店

 
BALLY銀座店
東京都中央区銀座5-2-1
>>東急プラザ 銀座 公式サイト

 
[GQ 5月号 P151~]
 

【GQ JAPAN】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

2016年春夏、シューズ&バッグHOT TOPICS

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年5月号

世界を制するアジアン・ファッション

新世代の旗手8人登場 30代の寿司/悲願のオスカーを手にしたレオナルド・ディカプリオ/いま買うべき靴&バッグ66/大島優子の女優力

2016年5月号 3月24日発売 コンデナスト・ジャパン 定価600円

世界を制するアジアン・ファッション