ここから本文です

OCEANS

OCEANS 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
前へ 8/11

2016/04/19

くすむなよ! オッサン
40歳からのベーシックカラーコーデ術
 

OLIVE GREEN 持ち前の男らしさに品の良さを加えて着る オリーブグリーン

1. 「ザ・ノース・フェイス」のパーカ

ハズせないカモフラ柄は、ツルッとした表情で清潔感ある素材のものがおすすめ。街で郊外で使い勝手のいいコレはベストチョイス。1万8000円/ザ・ノース・フェイス 原宿店
 

2. 「ボルコム」のパンツ

コットンツイルのジョガーパンツは、ストレッチの利いたストレスフリーな着用感が売り。ゆるめの白Tと合わせた潔い着こなしを推奨したい。1万2800円/ボルコム ストア トーキョー
 

3. 「キャプテン サンシャイン」のシャツ

本格的なサファリルックだが、秀逸なパターンと生地感でモダンなファッションアイテムとなっている。少し大きめサイズをラフに羽織るのが気分なのだ。3万1000円/クリップクロップ
 

4. 「ティーエスエス」のハット

パラフィン加工したキャンバス素材のハット。型がしっかりしていて、着用するうちにチョーキングと呼ばれる独特の白いアタリが出現する。1万5500円/ティーエスエス 代官山ストア
 

5. 「ニック ウースター + ユナイテッドアローズ」のスニーカー

ファッションシーンのトレンドセッターと共作したキャンバススリッポン。グリーングラデーションによる切り替えがモダンなのだ。1万8000円/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館
 

6. 「フリーシティ」のカーディガン

トラッドなショールカラーながら、パイル地なのでよりリラックスした着こなしが楽しめる。リネン混の独特の生地感と肩に配したワッペンが適度に主張。2万5000円/フリーシティ
 

7. 「ベンダーシングス」のショーツ

ワイドなレッグラインを、サイドのベルクロで絞ってはくという新鮮な仕様。軍物風のポケットや洗いによって褪せた色合いが、“こなれ感”を漂わせる。1万4000円/ベンダー
 

8. 「ホワイトライン」のシャツブルゾン

適度な厚みと柔らかさを備えたレーヨン仕立てで、武骨さをやわらげたミリタリーシャツ。フロントの下側にもポケットを設けて、実用面もしっかりカバーする。1万8000円/グランデッド
 

9. 「MIS」のバッグ

ミルスペック対応の工場で作製。少ないポケット、着脱不能なショルダーストラップが潔い。H36×W45×D15cm 1万3800円/アーバンリサーチ ドアーズ テラスモール湘南店
 

10. 「ネサーンス」のスカジャン

リネン混レーヨンのサテンボディは光沢が出すぎず、落ち着いた表情で着こなしやすい。キレイなスラックスやシャツにすっきりと合わせるのが大人の嗜み。4万6000円/レイク・タホ
 
 
[OCEANS 5月号 P230~]
 

この記事のキーワード

【OCEANS】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

40歳からのベーシックカラーコーデ術

FacebookでX BRANDをフォロー