ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社

2016/04/06

4大ブランドに学ぶ
色で魅せる春カジュアル
 

スローウエアに学ぶ ワントーンコーデ

4ブランドでひとつの世界観を築くスローウエアの服は、それぞれがトータルブランドのような抜群の親和性を誇る。その強みを生かし、同グループが数年前から提案している着こなしがこのワントーン。アウター&ボトムを同色にすることで、スーツライクな色合わせになり、ドレスマインドをきちんと維持できる。カジュアルなら、インナーも同色に揃え、スタイル全体の調和を図りたい。そこにリネン、コットン、ウールなど、異素材をバランスよく織り交ぜることで、緊張の中に緩和が表現される。

推奨TPO
友人宅でのホームパーティ、カジュアルレストランで食事
ベルトと靴を茶系で揃え、それ以外のアイテムをネイビーで統一する。ニット6万4500円/ザノーネ、サングラス2万3000円/ハリー・サン、ベルト2万4000円/インコテックス、靴6万6000円/モンテドーロ(以上ザ スローウエア ストア 松屋銀座店) スラックス3万6000円/インコテックス(トゥモローランド 丸の内店) カットソー1万6500円/ザノーネ(ビームスF)
Variation
染めと編みの表現力
左:春夏の定番素材、コットン×リネンのチノリーノ3万5500円/インコテックス(伊勢丹新宿店) 中:デニムスラックス3万2000円/インコテックス(ザ ソブリンハウス) 右:麻のクルーネックニット4万5000円/ザノーネ(スローウエアジャパン)
 
スローウエア ジャパン 代表取締役 鈴木雄一朗さん

「シンプルだからこそ、
素材感の美しい
ハーモニーが際立ちます!」

スローウエア ジャパン 代表取締役
鈴木雄一朗さん

「今、色目を抑えたシックな着こなしがカジュアルでも話題。日本人に合う紺の濃淡色は、知的で新鮮に映ります。スローウエアグル-プは、各ブランドが調和できる色目、素材選びをしていますので、ミックスコーデも容易」

 
[MEN'S EX 4月号 p210~]
 

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

4大ブランドに学ぶ“色で魅せる”春のカジュアルスタイル

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年4月号

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書

休日も品格と好感度の高さがカギ「カジュアル上手!」って褒められる130のテクニック/今年が買い時! 旬・時計2016

2016年4月号 3月5日発売 世界文化社 定価900円

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書