ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社

2016/03/30

人気ショップ発
「これが私流クラシック」
 

STRASBURGO 普遍的クラシックをモダンに表現する仕立てのスタイル

A.「時代に流されない
普遍的なシルエットを表現します」

ハウス テイラーズ ラボ テーラー
東 徳行さん〈Age36〉

自らヴィンテージモヘアを仕立てた東さんのスーツはいたってシンプル。「スーツのディテールとして、多少広めのラペルや深めのVゾーン、2タックのパンツ、さらに長めの着丈などクラシックなポイントはいくつか挙げられます。ですが、それ以上に体に沿ってスッと落ちるナチュラルさこそ普遍的なシルエットの基本であり、時代を経ても変わらないクラシックの本質だと思います。ネクタイは渋めのグリーンのキートン。この歳になってようやく、人として雰囲気が出てきて、清潔感ある白シャツと、渋い色の合わせが似合うようになってきましたね」
 

B.「若いからこそ
やりすぎない着こなしが秘訣」

ハウス テイラーズ ラボ トラウザース職人
五十嵐 徹さん〈Age29〉

「僕と同年代の20代の方は特にですが、クラシックにしすぎると着る人自身が服に負けてしまい、どこか衣装を着ているような印象になりがちです。そうならないためには、顔に近いアイテムはシンプルにし、より遠いところからクラシックを取り入れると良いでしょう。今日の僕も落ち着いた青を基調としたパターンオーダースーツに無地のグリーンのシルクタイを合わせました。顔から距離のあるパンツを、クラシックにプリーツ入りにしたり、ハイウエストで穿きこなすなどすると雰囲気が出ます」。パンツ職人である五十嵐さんならではの着こなしの提案だ。
 

C.「リラックス感を持って
正統を着こなします」

ハウス テイラーズ ラボ シャツ職人
山神正則さん〈Age39〉

「私にとってクラシックとは、皮膚のように自分の身に馴染み安心感を与えてくれる装い。自分を主張するために着る服ではなく、あくまで自然体の自分を引き出してくれる服と言えます。このリネンのスーツはまさに着た際の余裕を感じさせてくれます。このような季節感あるスーツは、その時節の雰囲気に合わせて装う楽しみを教えてくれます」。リネン100%のパターンオーダースーツに、ディオールのオリエンタルなタイを優雅に合わせる山神さん。トレンドに縛られず、肩肘を張らないクラシックスタイルがもたらす、エレガントなゆとりを体現している。
 

D.「忘れてはならないのは
相手へ向けた品のある装い」

営業本部 本部長
門石貴幸さん〈Age38〉

「クラシックな装いにおいて大事なのは、対面した相手に清潔感を感じさせる上品さ。ダブルのジレなどがクラシックな雰囲気のこのスーツですが、生地はイタリアの古くからの定番であるコットンソラーロ。着用の風合いがコットンの魅力ですが、ソラーロの光沢感は、そこにさらに華を添えてくれます。クラシカルなディティールで固めすぎてしまうと着こなしも奇抜になりがち。あくまでお会いする相手に良い印象を与えるようなエレガンスを保ちたいですね」。営業部長として活躍し、クライアントと接する機会の多い門石さんだから言える、説得力ある言葉だ。
 
[MEN'S EX 4月号 p92~]
 

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

人気ショップの達人に学ぶ! 「クラシックスーツ」の着こなし

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年4月号

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書

休日も品格と好感度の高さがカギ「カジュアル上手!」って褒められる130のテクニック/今年が買い時! 旬・時計2016

2016年4月号 3月5日発売 世界文化社 定価900円

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書