ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社

2016/03/30

人気ショップ発
「これが私流クラシック」
 

BEAMS トレンドと融合させ 各々の感性で着るクラシック

A.「旬の柄を加え
渋色スーツを現代的に着ます」

ビームスF ショップマネージャー
青木崇利さん〈Age40〉

「全てクラシックなアイテムで合わせてしまうと懐古趣味的な印象になってしまいますが、色や柄に注意を払うことで現代的なスタイリングに仕上げることができます。ダルクオーレのスーツはチョークストライプの伝統的なデザインがクラシックを感じさせます。このような落ち着いた配色のスーツは、合わせるアイテムの色使いを渋くまとめるとシックになりすぎてしまうので、Vゾーンの合わせで華やかさを演出しました。全てのアイテムに柄を用いるのもポイントです」。店頭で長年接客を務めてきた青木さんだからできる、時代感をとらえた着こなしだ。
 

B.「クラシックでありながらも
自分らしく新しく」

ブリッラ ペル イル グスト バイヤー
高田朋佳さん〈Age33〉

普段よりジャケパンの際にもジレを取り入れたスタイルが多いという高田さんは、自身のパーソナリティに合わせた新鮮さのある着こなしだ。「クラシックといえども自分のキャラクター的に、あまり畏まった感じにはしたくないかなと。今日のタリアトーレのスーツもジャカード織りで表情のあるものを選んでいますし、Vゾーンは英国的な雰囲気で、イングリッシュワイドのクレリックシャツにヴィンテージ調のタイを合わせました。クラシックテイストのアイテムばかりですが、スーツのサイズ感やパンツのレングスなどの細部で今の空気感を加えています」
 

C.「2ピースのもの足りなさを
補うダブルが今の気分」

クリエイティブディレクター
中村達也さん〈Age52〉

クラシックがスーツの潮流になりつつあることをいち早く指摘してきた中村さん。自身のトレードカラーともいえる紺のグラデーションの着こなしが見事。「今季はシルエットにも変化が見られ、パンツは腰回りに少しゆとりを持たせたプリーツ入りがおすすめ。クラシックの意匠をシンプルに取り入れた着こなしが気分です」。今日着ているピークトラペルのダブルスーツも、紺をベースに色数を抑えてまとめています。ヴィンテージ風の大柄タイは無地シャツを合わせたくなりますが、ストライプなどの印象の強いシャツと合わせたほうがかえって馴染みますね」
 

D.「10年来のクラシック・スーツを
サイズ調整でモダナイズ」

ビームスF ディレクター
西口修平さん〈Age38〉

クラシックな佇まいのスーツを、自身が昔から愛するブリティッシュアメリカンのイメージで着こなしてくれた西口さん。奇をてらわないビームスFらしく知的で上品。「10年前に買ったカスタンジアのスーツは、時代に合わせて何度も細部を直しています。パンツもブレイシーズで吊れるよう、ベルトレスに直しました。もともと毛芯がしっかりしていて、胸元にボリュームがありますが、そういった細部にもクラシック・スーツの良さが表れますね。スタイリングは春夏らしく素足にローファー、そしてリネン素材のタイを合わせて清涼感を表現しています」
 
[MEN'S EX 4月号 p92~]
 

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

人気ショップの達人に学ぶ! 「クラシックスーツ」の着こなし

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年4月号

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書

休日も品格と好感度の高さがカギ「カジュアル上手!」って褒められる130のテクニック/今年が買い時! 旬・時計2016

2016年4月号 3月5日発売 世界文化社 定価900円

仕事でのマナーは、やっぱり「きちんと感」です! スーツの強化書