ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社
前へ 4/4 次へ

2016/03/01

買い替え前に知っておきたい
財布の見方
 

背がまっすぐなほど 良いつくり

背がまっすぐなほど
良いつくり

財布を開いた際、表側センターの山折り部分の裾ラインがスッと直線をなしていたら、それは理想的な仕立てといえる。表側と内装の張り合わせや縫製がルーズだと、このラインがいびつになってしまうのだ。1965年創業の老舗、土屋鞄のコードバン長財布は良い仕立ての見本。写真右上を見れば、山裾のキレイな直線がわかる。縦9.5×横19cm。4万2592円(土屋鞄製造所)
 
革が重なった部分でも 厚みが変わらない!

革が重なった部分でも
厚みが変わらない!

カード室が段違いで重なる部分を「カード段」という。ここのカード室が多いと重なる革の枚数が増え、必然的にカード段の厚みが増すが、これでは財布は不格好に! そこで革を極力薄く削ぎ、いかに厚みを抑えるかが職人の腕の見せどころとなる。ラルコバレーノの長財布(P3と同じ)はカード段のコバと、それ以外のコバの厚みがほとんど変わらない。大変見事な仕立てだ。
 
技術の高さを 証明する菊寄せ

技術の高さを
証明する菊寄せ

切り目(上記)と並ぶポピュラーなコバ仕上げが、革の端を折り込んで張り合わせる「へり返し」だ。また、角の曲線に沿って革に細かいヒダを入れ、隙間なく包み込んでいく「菊寄せ」が施されることもある。ポーターのカーフ製2つ折り財布(写真)のように、そのヒダが細かく、ピッチが均一であれば、それが熟練職人の手仕事の証なのだ。縦9×横11cm。2万1500円(吉田)
 
[MEN'S EX 3月号 p148]

この記事のキーワード

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

買い替え前に知っておきたい財布の見方

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年3月号

春のビジネススタイル 実例120

スーツの印象は「生地」で決まる!/今、売れている財布ランキング最新情報/メルセデス・ベンツ VS BMW

2016年3月号 2月5日発売 世界文化社 定価820円

春のビジネススタイル 実例120