ここから本文です

MEN'S NON-NO

MEN'S NON-NO 表紙
最新!! 9月号
8月9日発売
集英社
前へ 1/4

2016/03/26

人気スタイリストのテクが炸裂!
定番ボトム7本の今年らしい着回し!
 

ワードローブに欠かせない定番ボトム7タイプを人気スタイリストが2パターンの着回し! それぞれ、体型と身長に合わせたボトム選びをしているコメントにも注目を!

※記事中クレジットの記載のないものはすべて本人私物です。
 
小松嘉章さん×スラックス

「O脚なので細身でも少しゆとりのあるものをセレクトすることが多いですね。ドメスティックブランドのボトムは、日本人の体型を考えて作られているので特にオススメです」(176cm)

小松嘉章さん×スラックス
[左]プルオーバーはカルヴェン。「スラックスだと、旬のタックインもうまくきまりやすいですよ」。パンツ(N.ハリウッド)¥24,000/ミスターハリウッド
[右]MA-1はヴィクティムでシャツはコモリ。スラックスなら今季注目のミリタリーも武骨になりすぎず、デイリーにシフト。
 
 
渕上 寛さん×リジッドジーンズ

「脚が短いので(笑)、ウエストはジャストですっきりとしたラインのジーンズを選びます。レングスが長いとロールアップでいろいろな表情が楽しめて、着回しに最適ですよ!」(175cm)

渕上 寛さん×リジッドジーンズ
[左]ジーンズの裾を大幅にロールアップし、それに合わせるようにプラダのコートの袖もロールアップ。全身をネイビー&ホワイトでクリーンに仕上げた。
[右]「ラルフローレンのスイングトップとヘインズのTシャツで映画『理由なき反抗』を現代風にアップデート!」。ジーンズ(エフィレボル)¥18,000/ビン
 
 
Photos:Teppei Hoshida
MEN’S NON-NO WEB
[MEN’S NON-NO 4月号 P72~]
 

【MEN'S NON-NO】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

人気スタイリストが定番ボトムの今年らしい着回しを披露!

FacebookでX BRANDをフォロー