ここから本文です

OCEANS

OCEANS 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
前へ 7/10

2016/03/21

デニムを引き立てるアレコレ
徹底的に探してきました
 

上品に着られるワークシャツ ENGINEERED GARMENTS
エンジニアド ガーメンツ
通称“ガチャポケ”のヴィンテージライクなワークシャツにマドラスチェックをオン。大きくデフォルメしたパターンも新鮮だ。2万5000円/ネペンテス
DICKIES
ディッキーズ
ワークパンツにも使われるブランドのアイコン素材、TCツイル製。それでもラギッドすぎないのは、台襟付きで裾がラウンドしたシックな形だから。ボタンもボディと同色に仕上げた。6500円/ディッキーズ
極上素材になったアメカジの定番 JAMES PERSE
ジェームス パース
気取らないシンプルさがデニムと好相性のサーマルを上質なカシミヤで作った。抜群の肌触りと軽やかな着心地が魅力。各5万2000円/ジェームス パース 青山店
TAKAHIRO MIYASHITA THESOLOIST.
タカヒロミヤシタザソロイスト.
シンメトリーに配したペイズリーと、その周りを囲むハウンドトゥースがブリティッシュな雰囲気のバンダナ。その上品さをシルク素材がさらに引き立てる。各1万2900円/グローサリーストア.
THE NORTH FACE  PURPLE LABEL
ザ・ノース・フェイス パープルレーベル
ふんわりと編み立てた厚手ソックスは、さまざまな色を用意しておきたい。こいつはクールマックス製のニットパイル採用でニオイの問題も解消する。これからの時季の強い味方だ。4600円[3足セット]/ナナミカ 代官山
ハンドメイドのハット NICK FOUQUET
ニック・フーケ
ボヘミアンとエレガンスの共存したハットは、NY生まれフランス育ち、LAで活躍中のデザイナーが手掛ける。最高級のビーバーフェルトを使って手仕事で作られており、リボンに挿したマッチ棒がブランドアイコンだ。これひとつで、カジュアルなデニムスタイルにも程良い上品さが漂う。17万2000円/エドストローム オフィス
 
 
[OCEANS 4月号 P74~]
 

【OCEANS】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

デニムを引き立てるアレコレ、徹底的に探してきました

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年4月号

見つける! 自分だけのデニム

オトナ女子はユースケ&マーシーにこんなデニムスタイル、してほしい/スタンダードなデニムとモードな靴のベストバランス/Premium Brand×Daily Style

2016年4月号 2月24日発売 インターナショナル・ラグジュアリー・メディア 定価780円

見つける! 自分だけのデニム