ここから本文です

STORY

STORY 表紙
最新!! 9月号
8月1日発売
光文社

2016/01/01

女っぽくて今っぽい
「プリーツスカート」大人の着こなし
 

プリーツスカートが劇的に女らしくなる“3つのルール” とにかくタートルニットをあわせて!

トレンド意識の「おしゃれプリーツ」な印象に仕上がる
今年ならではのタートルニット合わせが正解です

たとえばシャツでは生真面目すぎるし、Vニットではちょっと色っぽすぎる。程よいストイックさと旬なムードを兼備するタートルニットが、今季のプリーツには絶対にお似合い。キュッと詰まった衿と揺れる裾の対比もすてき。
ウールじゃない 素材を選んで

制服を彷彿とさせる
素材感は危険。揺れる、
透ける、光る素材が大人!

メンズスーツ風ウール生地やフラノ地のプリーツを大人が着ると、まさに学校の先生風。揺れる、翻る、しなやかな女らしさを感じるエアリーなタイプか、辛口なレザーがおすすめです。
どこかに「男前」を盛って

モード感のある味付けで
流行としてのプリーツ、
をとことんアピール

知的なフェミニンさが魅力のプリーツだけど、ともするとほっこりとしてしまうことも。ベースが端整なボトムスだから、マニッシュ気味に味付けするくらいがおしゃれにキマります。
PLEATED SKIRT
1一定方向にたたまれたプリーツ=車ひだのスカート。ダークカラーと合わせても、白とのグラデでこなしてもすてき。グレイッシュカーキスカート¥16,000(ROPE mademoiselle)2ZARAで人気のエコレザースカートにもガウチョパンツに続きプリーツがお目見え。グレーと合わせて旬顔になるボルドーの色合いもステキです。スカート¥7,990(ZARA/ZARA JAPAN)3ジョーゼット系の透けて揺れる素材感で、ダークな黒ながらも軽やかに着こなせる一枚。ヒザがちょうど隠れる程度の長すぎない丈が、かえって取り入れやすい。スカート¥22,000(ANAYI)4細かいアコーディオンプリーツ。広がりは控えめ、すとんと落ちるシルエットとふくらはぎにかかるレングスでぐっと大人に仕上がる。チャコールグレースカート¥23,000(23区/オンワード樫山)
 
[STORY 1月号 P146~]
 

【STORY】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

女っぽくて今っぽい「プリーツスカート」大人の着こなし

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年1月号

12月は「最少出費の最大オシャレ」で駆け抜ける!

来年の私に自信! 「開運ファッション」は実在する!!/エア買いspecial! 年に一度くらいは“アガる”清水買い!/「ショート派」でもこんなに変わる! 楽しめる! ヘアカタログ

2016年1月号 12月1日発売 光文社 定価820円 『STORY』公式サイトをチェック!

12月は「最少出費の最大オシャレ」で駆け抜ける!