ここから本文です

saita

saita 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
セブン&アイ出版
前へ 9/9 次へ

2016/01/18

「あったか」も「おしゃれ」もぬかりなし!
東原亜希さんのデニムの足元コーデを拝見
 

デニムサロペはライン入りソックスで遊び心をプラスして

カジュアル度の高いデニムサロペットの足元には、ソックスのなかでもお茶目な表情のライン入りやボーダーがマッチ! 大人の遊び心とアクティブな印象が漂います。

厚底ローファー×ボーダーソックスでパンチを効かせてしっかりあったか!
サロペットは細身のヒッコリー素材を選んで人と差をつけて。全体を黒でまとめて、サロペットとソックスのヌケ感を引き立てます。デニムサロペット¥12,900/Gap(Gapフラッグシップ原宿) ニット¥26,000GREED International(GREED)ジャケット¥83,000/アッパーハイツ(ゲストリスト) バッグ¥4,990/セブンデイズサンデイ(セブンデイズサンデイ 新宿店) 靴¥6,500/ジョリーアンコール(シャルロット) 靴下¥800/靴下屋(タビオ)
Aki's Voice

「黒メインの着こなしをハズすのに、最近よくデニムサロペットを合わせます。程よいヌケ感とテイストミックスな感じが出るんです。その流れで足元も、ボーダーソックスでちょっとやんちゃな感じを出すのがお気に入り!」

はいたのはコレやで!
黒×白のモノトーンボーダーがクールな薄手ソックス。ボーダーのピッチは狭めなので着こなしが子供っぽくなる心配も無し。¥800(タビオ)
重めの足元はボーダーで軽快に!
黒の厚底ローファーは、甲が見える部分が多いのでボーダーソックスなど、ちょっと印象の強いものでアクセントをつけます。ボーダーには、重めの足元を軽やかに見せる効果も。
白×ダークカラーの大人ボーダー
左:足元から爽やかさを漂わせるマリンテイストが自慢。ネイビー×白ボーダーソックス¥700/靴下屋(タビオ) 中:スポーティなラインソックスも、モノトーンなら大人っぽさたっぷり。ライン入りリブソックス¥1,200/17°C(17°C by Blondoll ルミネ有楽町店) 右:薄手のショート丈はオールシーズンはきこなせて優秀! 黒×白ボーダーソックス¥1,000/マッキントッシュ フィロソフィー(福助)
ライン入りでスクール風!
スマートフォルムのタッセルローファーには、ボーダーではなくライン入りソックスが好相性! トラッドなローファーに、ライン入りソックスのスクールテイストがすんなりハマります。ソックスのラインが着こなしのアクセントになるように、デニムサロペットの裾はしっかりロールアップするのをお忘れなく。靴¥21,000/ジージェイジー(モード・エ・ジャコモ) 靴下¥800/タビオ
 
 
東原亜希さんのガウチョの足元コーデはsaita.netをCHECK! >
 
 
[saita 2月号 p.36~]

この記事のキーワード

【saita】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

東原亜希さんの「デニムの足元コーデ」を拝見!

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年2月号

クローゼットにすっきり収納できたらコーデ上手になりました

東原亜希さんのデニムとガウチョの足元コーデを拝見/冬のプチプラ自慢SNAP!/流行の「壁デコ」で、おうちをスタジオアリスに!

2016年2月号 1月7日発売 セブン&アイ出版 定価600円 『saita』公式サイトをチェック!

クローゼットにすっきり収納できたらコーデ上手になりました