ここから本文です

saita

saita 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
セブン&アイ出版

2016/01/18

「あったか」も「おしゃれ」もぬかりなし!
東原亜希さんのデニムの足元コーデを拝見
 

ボーイフレンドデニムはソックスちら見せでこなれ感を演出

ゆるっとしたシルエットのボーイフレンドデニムは、ダークカラーのソックス投入で足元を引き締め! デニムの裾からソックスをのぞかせて、こなれ感を出すのがお約束です。

サイドゴア×カラーソックスでトレンドもあったかさもON
きりっとしたトレンチやサイドゴアブーツで、メンズライクに見せたデニムスタイル。トップスのニットとソックスでボルドーを差して、女らしさとしゃれ感もプラス。コート¥39,000/バイマイティ、カーディガン¥29,000/GREED International(GREED) デニムパンツ¥21,000/ブラックバイマウジー(バロックジャパンリミテッド) 靴¥8,400/オリエンタルトラフィック(ダブルエー) 靴下¥900/靴下屋(タビオ)
Aki's Voice

「リペア加工がアクセントのカジュアルなボーイフレンドデニムを、ボルドーニットとトレンチできれいめコーデにスイッチ! ニットと色をリンクさせたカラーソックスの効果で、全体にぐっと洗練された雰囲気が漂います」

はいたのはコレ!
ニュアンスのある杢調のボルドーソックス。しっかりストレッチが効いているのではきごこちも快適。¥900/靴下屋(タビオ)
ボルドーで旬顔に
クールなサイドゴアブーツに、レディな雰囲気のあるボルドーソックスで今年らしさと女らしさを演出。差し色ボルドーはブーツとデニムの隙間を埋めるようにくしゅっとはいて。
揃えておくならベーシックな大人色
左:足元にメンズライクな雰囲気を出すならタフなカーキ。カーキ¥1,300、中:品良く女らしさを漂わせるなら控えめにラメの入った白をセレクトして。ホワイトラメ¥1,800/ともに17°C(17°C by Blondoll ルミネ有楽町店) 右:ざっくりとルーズにはけるシンプルなソックス。ゆるく足首でたるませて、足元に力の抜けたアクセントをプラス。今年らしいボルドーカラーはマスト。ボルドー¥1,000/靴下屋(タビオ)
ライン入りならスポーティに
同じサイドゴアブーツでも、ソックスをライン入りに変えるだけでかなりスポーティな印象に。デニムの裾とブーツの間からちょうどラインがのぞくような丈のソックスをチョイスするのがコツ。トップスにはソックスのベースの色か、ラインの色とリンクさせたアイテムを合わせれば、統一感のある着こなしが完成します。靴¥8,400/オリエンタルトラフィック(ダブルエー) 靴下¥600/靴下屋(タビオ)
 
 
[saita 2月号 p.36~]
 

この記事のキーワード

【saita】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

東原亜希さんの「デニムの足元コーデ」を拝見!

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年2月号

クローゼットにすっきり収納できたらコーデ上手になりました

東原亜希さんのデニムとガウチョの足元コーデを拝見/冬のプチプラ自慢SNAP!/流行の「壁デコ」で、おうちをスタジオアリスに!

2016年2月号 1月7日発売 セブン&アイ出版 定価600円 『saita』公式サイトをチェック!

クローゼットにすっきり収納できたらコーデ上手になりました