ここから本文です

MEN'S CLUB

MEN'S CLUB 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
ハースト婦人画報社

2015/12/07

溺愛しているから、違いがわかる
ただのじゃない、マニアな名品
 

サンカッケーデザイナー 尾崎雄飛さん × J.M.WESTON
[ 個人的名品 ]
最近はローファーとサイドゴアブーツをヘビロテ中の尾崎さん。ですが、たまにモカシンタイプの革靴も履いているそうです。「20代前半に購入した、J.M.ウエストンのなかで珍しいモデル。アメリカンライクなデザインで、古着をミックスした着こなしのときにハマるんです。それにこれを履いていると“どこのブランドですか?”と聞かれることもあり、ちょっとした自慢にもなりますし(笑)」
 

靴中心にコーデを組むほど
その作りとデザインに心酔

尾崎さんとJ.M.ウエストンの出合いは、セレクトショップでバイヤーを務めていたとき。当時は社内の人ほとんどが所有していて、その影響もあり本国へ出張した際に購入。以後、その魅力にどっぷり浸かり、今でも買い足し続けています。

「最初に足を通したのは、定番のローファーです。その前までいろいろな本格革靴を履いていましたが、これだけはドレスでもカジュアルでも合わせられる、その中間的なムードのデザインがいちばんの魅力でしょう。それにコバ処理や縫い目など、どこをみてもキレイに整っていて、職人の丁寧な仕事ぶりが細部で見られます。それでいてクオリティに対してお値打ちで、コスパの高さも物欲を刺激する要因ですね。最近ではサイドゴアブーツの登板回数も多くなり、もしこの革靴がなかったらコーディネイトが組めないくらい、僕にとってかけがえのない存在です」

DETAIL
いやホンマにね、古風なアメリカの雰囲気が◎なんですわ!

古風なアメリカの雰囲気が◎です
「僕のお気に入りポイントは、アメリカンクラシックなアッパー。素朴なんだけど、ほどよくエスプリが利いていて、品のある佇まいがいい」

 
[MEN'S CLUB 1月号 P74~]
 

この記事のキーワード

【MEN'S CLUB】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

溺愛しているから違いがわかる。マニアの名品コレクション

FacebookでX BRANDをフォロー

2016年1月号

「定番名品」と「憧れ名品」

好印象なオトナの人生に寄り添う名品選び/決定! ウォッチ・オブ・ザ・イヤー2015/この冬、好印象を呼ぶ「ファッション名品3」/冬の最大の敵、それは「乾燥」と「激太り」!

2016年1月号 11月24日発売 ハースト婦人画報社 特別定価850円

「定番名品」と「憧れ名品」