ここから本文です

STORY

STORY 表紙
最新!! 9月号
8月1日発売
光文社
前へ 1/6

2015/09/13

ビッグシャツの「衿抜き」を
至急マスターしなくちゃ!
 

ビッグシャツの流行で、ジワジワと浸透中の「衿抜き」スタイル。でも、ベーシックアイテムこそ、着こなしが“鍵”。ビッグシャツをゲットしたものの、その着こなしをマスターしなければ宝の持ち腐れ、“普通”に陥ってしまいます。さあ、だからこそレッツ レッスン!

ベーシックの基本、シャツ&デニムスタイルも、着こなし次第でこんなに違います!
シャツ¥27,000(アパルトモン/アパルトモン ドゥーズィエム クラス 事業部)デニムパンツ¥32,000(J BRAND for Theory/Theory)バッグ¥76,000(ザネラート/アマン)靴¥73,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ピアス¥5,000(コラージュ/コラージュ 銀座店)太バングル¥13,000(フィリップ オーディベール/ラスティーク 代官山)(右)ベルト¥15,000※参考価格(アンボワーズ/アマン)
『衿抜きシャツ』の選び方・着こなし方 Click >
シャツを「衿抜き」にするだけで、コンサバボトムスが一気に今っぽい雰囲気に Click >
スタイリスト  永野晴子さん

いつの間にかビッグシャツの
「衿抜き」ブームが到来!

今年の春頃からシャツのシルエットに異変が。その火付け役となったのがマディソンブルー。ブームとはいえ、当たり前に着てしまうと、丈も長めのゆったりシャツは、太って見えたり、だらしなく見えてしまいがち。でも、衿を抜いて前だけインすると、一気にこなれた印象に。シンプルなアイテムだけに、センスを分けるのはその着こなし方。ゆるさの中に、ほのかな女っぽさが加わります。

 
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)〈モデル〉、田頭拓人〈読者〉、清藤直樹〈静物〉
モデル/小濱なつき ヘア・メーク/chisa〈読者〉陶山恵美〈モデル〉(ともにROI)
スタイリスト/永野晴子 取材/見学裕己子 構成/河合由樹 デザイン/スズキのデザイン
[STORY 10月号 P130~]
 

【STORY】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

ビッグシャツの今どきの着こなし、至急マスターしなくちゃ!

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年10月号

もう一度、「オシャレのドキドキ」を思い出そうよ!

「おモード」な服が今、私たちの味方です!/今すぐ始める「白Tシャツ、秋~冬への発展のさせ方」/麻生ヨウコさん直伝「頑張りすぎない新目力メークで女っぽさを盛る!!」

2015年10月号 9月1日発売 光文社 定価840円 『STORY』公式サイトをチェック!

もう一度、「オシャレのドキドキ」を思い出そうよ!