ここから本文です

MEN'S CLUB

MEN'S CLUB 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
ハースト婦人画報社
前へ 4/11

2015/09/10

90年代の男らしいスタイルが
返ってきた!!
 

ヴェスト 着こなしの物足りなさはニットヴェストが解決

ヴェストは、フォーマルな印象を与えるだけでなく、トップにボリューム感をもたらす好印象なキラーアイテム。なかでも今季注目を集めているニットヴェストはカジュアル感を醸しつつも“きちんと感”はキープ、さらに汎用性も優れる、まさにオトナの新定番といえるのです。

ユニバーサル ランゲージ プレス 舟本 潤さん
ジャケットより、シャツにはヴェストがこなれて見える
染色加工の効いたラフなダンガリーシャツと、リラックス感の漂うスラックスのコンビで仕上げたビジカジは、カジュアルダウンしすぎないことがポイント。スラックスと同系色のニットヴェストを合わせれば、適度なカジュアルテンションをキープしながらも上品な印象をプラスしてくれます。またこちらのニットヴェッストならではの、フィット感の効いたタイトシルエットが、トップをたくましく見せてくれるのも魅力なのです。ヴェスト1万2000円、パンツ1万2000円(エトネ/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 TEL:03・3406・1515〉その他私物
白T1枚の物足りなさをエレガントにしてくれる
いくらフォーマル感を醸すイージースラックスとのコンビとはいえ、白Tシャツ1枚だけではカジュアルすぎて、やや心もとないというのが本音。そんなとき上からヴェストを1枚羽織るだけで、全体がぐっと端正になるから不思議。またグレイとホワイトというシック&ミニマムな2色使いが、着こなしに統一感を与えています。もちろん、ニットならではの柔軟な素材感が適度なカジュアル感をキープしているのです。ヴェストは1と同じ、パンツ1万3000円〈ソファ/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 TEL:03・3406・1515〉その他私物
紺×グレイのマンネリを洒脱に見せてくれる
ネイビーブレザーをベースにした、ビジネス色の濃いフォーマルなジャケパンスタイルですが、中にニットヴェストを挟むことによりコーディネイトが柔和な表情に一変しています。さらに、ニットならではの異素材感がやや強調されるものの、色みをシックなトーン系でまとめている分、着こなしの適度なアクセントとしても有効なのです。ヴェストは1と同じ、ジャケット3万3000円、シャツ9800円、パンツ1万1000円、ネクタイ6800円〈すべてユニバーサルランゲージ/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 TEL:03・3406・1515〉その他私物
ハードな素材感と派手すぎなデザインは御法度ですよ!
まずヴェストの素材とサイズ感がいただけません。こういった合わせもありますが、今季はあくまでニット系のソフトな素材でリラックス感を醸しつつも、どこかフォーマル感のある雰囲気のものが主流。さらにダメな点はポップすぎるカラー&柄デザイン。これでは主張が強すぎて、着用シーンが限定されてしまって使いづらいのです。
 
[MEN’S CLUB 10月号 P102~]
 

この記事のキーワード

【MEN'S CLUB】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

90年代の男らしいスタイルが返ってきた!!

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年10月号

好印象目線のnextデニム

“パッチワーク”や“デニム”は、ジャケットと合わせるのが鉄則!/強印象じゃない好印象なトレンドしか知りたくない/消臭大実験/

2015年10月号 8月24日発売 ハースト婦人画報社 特別定価850円

好印象目線のnextデニム