ここから本文です

MEN'S CLUB

MEN'S CLUB 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
ハースト婦人画報社
前へ 3/11

2015/09/10

90年代の男らしいスタイルが
返ってきた!!
 

ブルゾン ジャケットに飽きた!?  そんなあなたに最適
ANDREA INCONTRI アンドレア インコントリ
アンドレア・インコントリ氏によるコレクション。カーキをベースにした男らしさを醸すカラーと、フライトジャケット風のシンプルなデザインが魅力です。武骨な空気感が満載ですが、レイヤー風に仕上げた首まわりのギミックに加え、身頃部分はウール、またスリーブには中綿入りのナイロンを用いると、エレガントな表情を見せつつ、適度な防寒性も備えているのも特徴なのです。17万円〈アンドレア インコントリ/サン・フレール TEL:03・3265・0251〉
BARACUTA バラクータ
あの名作、G9(ジーナイン)をコットンコーデュロイで仕上げています。昔のフィッティングよりもややタイトにリサイズしてモダンなテンションを漂わせて、着用しやすく進化しています。コーデュロイならではの繊細な起毛感と温かみのある風合いが、エレガントな男らしさ演出するのです。カラバリも豊富なので、テイストに合わせたスタイルが可能です。5万8000円〈バラクータ/スープリームス インコーポレーテッド TEL:03・3583・3151〉
ZANONE ザノーネ
モダンななかにも、どこか男らしい表情を見せるグレイジュのボンバーブルゾン。やや細身に設定したシルエットも、シャープな雰囲気に拍車をかけています。表地にはキャメルやヤク、ウールを使用し、また内側部分には中綿入りのキルティングナイロン生地を採用することで、軽量かつコンパクトな着用感を得られるのです。デザインはもちろん、優れた保温性についてはいわずもがな。13万円〈ザノーネ/スローウエアジャパン TEL:03・5467・5358〉
CIRCOLO 1901 チルコロ 1901
やや起毛感のあるコットンで仕上げたシンプルなブルゾンは、ストレッチの効いたすっきりとしたシルエットと美しいマスティックカラーが、大人っぽい雰囲気を与えています。またフロスト(霜)加工による、フラップポケットの縁やカフス部分などに見られる味わい深いこなれ感たっぷりの表情もまた、こちらのブルゾンならではの魅力なのです。4万6000円〈チルコロ1901/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03・5350・5567〉
SPIEWAK GOLDENFLEECE スピワック ゴールデンフリース
今シーズンのトレンドアイテムであるMA-1は、男くささを演出するには最適な一着。50年代のMA-1をベースに素材はデッドストックに近い生地感を再現しつつ、アームや身幅をやや細めるなどシルエットは現代的にモディファイ。ダブル「センタージップはスライダー仕様で、背抜けの裏地には水彩カモフラ柄を使用するなどディテールもポイントです。5万3000円〈スピワック ゴールデンフリース/カイタックインターナショナル TEL:03・5722・3684〉
 
[MEN’S CLUB 10月号 P102~]
 

この記事のキーワード

【MEN'S CLUB】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

90年代の男らしいスタイルが返ってきた!!

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年10月号

好印象目線のnextデニム

“パッチワーク”や“デニム”は、ジャケットと合わせるのが鉄則!/強印象じゃない好印象なトレンドしか知りたくない/消臭大実験/

2015年10月号 8月24日発売 ハースト婦人画報社 特別定価850円

好印象目線のnextデニム