ここから本文です

STORY

STORY 表紙
最新!! 9月号
8月1日発売
光文社

2015/08/03

Tシャツインの小ワザをアップグレード!
ボトムス別に指南します
 

デニム 前はちょい入れ、後ろ姿はアウトが最旬着こなしテク
パートナーのTシャツを拝借したような、ゆとり感がおしゃれ見えへの近道。裾のちょい入れマスターが絶対条件です。ふわりとあしらったストールも抜けを出すのに効果的。Tシャツ/スカートの着こなしと同じ。デニムパンツ¥23,000(グーコミューン/グランカスケードインク)バッグ¥16,000(アン レクレ/アン レクレ広尾店)ストール¥10,000(ne Quittez pas/ショールーム セッション)太バングル¥25,000細バングル¥29,000(ともにインディアン・クラフト)
小ワザアレンジ 1、2
小ワザアレンジ 3

着こなしのひと手間で、着る人のおしゃれ度が試される、実は着こなしが難しいスーパーベーシックな上下。まずはTシャツに袖を通します。1センターからほんの少しずらした位置でこぶし1個分だけ、デニムのウエストに押し込みます。2両サイドを整えます。なだらかに、後ろにつなげるように。ちょっと折り返したりするのも有効です。3フロントとバックの前後丈の差が大事だから、ヒップにかかるように、裾をしっかり出して完成。

 
[STORY 8月号 P80~]
 

【STORY】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

ぐんと見違える、Tシャツの着こなしテクをボトムス別に指南!

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年8月号

夏こそ必要かも。大人の女の「コンサバ感」研究

読者500人が考える「理想の40代」に会ってきた!/夏カジュアルがぐんと見違える「小物」と「小ワザ」最終結論/“ゆるまとめ髪”が大人のシンプル服を底上げる!!

2015年8月号 7月1日発売 光文社 定価820円 『STORY』公式サイトをチェック!

夏こそ必要かも。大人の女の「コンサバ感」研究