ここから本文です

MEN'S CLUB

MEN'S CLUB 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
ハースト婦人画報社

2015/08/25

ネクストトレンドのパッチワークやダメージは、
ジャケットと合わせるのが鉄則!
 

メンズクラブ的模範解答のひとつがこちら アントレ アミの加工デニムこそ、オトナの“全部のせ”デニムだ!

再びトレンドアイテムに返り咲いた色落ち加工デニムですが、あくまでオトナの着こなしになじむことが前提。やりすぎないダメージと色落ち、絶妙なパッチワーク、それでいてストレッチの効いた美脚シルエットという美味しいトコ全部取りなんです。

パンツ専業ブランドゆえの ノウハウが生きた最旬デニム
パンツ専業ブランドゆえの
ノウハウが生きた最旬デニム

40年以上の歴史と実績を誇るファブリック会社のノウハウを生かし、07年にスタートしたパンツ専業ブランドがアントレ アミ。現在ではピッティで欠かすことのできない人気ブランドへと成長し、今季はこちらの加工デニムをリリース。製品加工を得意とする生産背景を生かし、絶妙な色落ちとリアルなダメージ&リペア加工を施しています。素材はライトオンスのストレッチデニムなので、締めつけ感がほとんどないというのもオトナには嬉しいところ。フロント部はややローライズ気味のボタンフライ仕様で、前後差をつけたウエストが腰まわりをすっきりと見せてくれるのです。3万1000円〈アントレ アミ/ビームス 銀座 TEL:03・3567・2224〉
知的なジャケットスタイルに 色落ち加工デニムでヌケ感を
デニム好きをハッとさせる
ほどよく主張するディテール

今季らしく味わいのある加工と美脚シルエットは当然ながら、ちょっとしたディテールにまでオリジナルの意匠を凝らしているのが、アントレ アミのこだわり。小さめのレザーパッチに加え、リベットやボタンフライはブラックコーティングされたメタルパーツを採用。随所にアレンジを加えているが、決して過剰になっていないというのがオトナ向け。
ENTRE AMIS
周囲から“ソレどこの?”と
聞かれること請け合いの一本

いつもの紺ジャケット×濃紺デニムという王道から一歩進んだ、今季らしい着こなしがこちら。色落ちしたパッチワークデニムが一気に垢抜けた雰囲気をもたらしてくれます。ジャケットは品格を漂わせるダブルブレストで。足元にはシャープな短靴を合わせれば、子供っぽくなることはありません。デニムは上と同じ。ジャケット7万8000円〈タリアトーレ/ビームス 銀座 TEL:03・3567・2224〉 ニット2万9000円〈パニカーレ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03・5350・5567〉 ベルト8500円〈アール エル シー フォー シップス/シップス 渋谷店 TEL:03・3496・0481〉 靴5万円〈フェランテ/エストネーション TEL:03・5159・7800〉
 
[MEN’S CLUB 10月号 P54~]
 

【MEN'S CLUB】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

トレンドの加工デニムは、ジャケット合わせが鉄則!

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年10月号

好印象目線のnextデニム

“パッチワーク”や“デニム”は、ジャケットと合わせるのが鉄則!/強印象じゃない好印象なトレンドしか知りたくない/消臭大実験/

2015年10月号 8月24日発売 ハースト婦人画報社 特別定価850円

好印象目線のnextデニム