ここから本文です

OCEANS

OCEANS 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア

2015/06/30

休日のバックパックVS.トートバッグ
 

より使えるバックパックはどっちだ!?

シンプル構造でゴチャゴチャ考えずに使えるデイパックか、バッグを下ろさずに荷物にアクセスできるサイドエントリー付きか。両手が自由になるバックパックで、さらなる高みを目指すための選択。背負ったときをイメージして、バックパックとより友好的な関係を。

DIGAWEL
ディガウェル
フロントポケットを1つ付けたシンプルなデイパック代表。使い方は持つ人次第のザクザク感がうれしい。赤いコーデュラナイロンボディと好配色を生む白のスエードボトムが型崩れを防ぐ。サイドのブランドタグもアイキャッチだ。H45×W37×D16.5cm 2万2000円/ディガウェル
DIGAWEL
バッグは上と同じ。シャツ1万7000円/ホワイトマウンテニアリング、パンツ1万6000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン)、サングラス4万4500円/ギャレットレイト×ティエリーラスリー(オプティカル テーラー クレイドル 青山店)
RON HERMAN
ロンハーマン
ジップまで赤で統一したこだわりのデザイン。そこに添えたフロントポケット脇の「RH」のピスネームが唯一のアクセントだ。荷室にポケットも付く。H44×W35×D16cm 1万2000円/ロンハーマン
LANAI TRANSIT
ラナイ・トランジット
“ハワイでしか買えない”ブランド作。パスポートサイズのスリーブポケットやトロリーへの装着ベルトが付いたトラベル仕様だ。H43×W32×D14cm $580/ラナイ・トランジット 青山ショールーム
LESPORTSAC
レスポートサック
今季リブランドした“レスポ”のメンズ。シックなネイビーボディにゴールドのビッグジップが映える。懐かしさも相まって魅力は倍増! H41.5×W33×D14cm 1万6800円/レスポートサック ジャパン
GREGORY
グレゴリー
菱形タグがアイコンの「サンバード」シリーズから、半円形のポケットがレトロなモデルを。17Lの小ぶりなサイズも使いやすい。H42×W31×D14cm 1万2800円/サムソナイト・ジャパン
WTAPS
ダブルタップス
ボトムに配したストラップが特徴。スケートボードや脱いだアウターを装着でき、背負ったときのアイキャッチに。大きなフロントポケットも便利だ。H44×W32×D17cm 2万1000円/GIP-STORE
COACH
コーチ
ブランドタグも同色にしてシンプルに徹したデイパックは今季の新作。ロック付きのジップもアクセントだ。フルレザーにしてこの軽快さ、参りました。H44×W35×D15cm 7万4000円/コーチ
 
[OCEANS 7月号 P108~]

【OCEANS】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

休日のバックパック vs. トートバッグ

FacebookでX BRANDをフォロー