ここから本文です

STORY

STORY 表紙
最新!! 9月号
8月1日発売
光文社
前へ 1/5

2015/05/11

RIKACO’S定番の、新しい輝かせ方
「ガウチョパンツ」
 

スタイリングの印象を一新するのに有効なガウチョパンツ。この春のトレンドを制するにはバランス感が大切。「トップスはコンパクトに」が、すべてのシルエットの共通項です。あとは、どんなコーディネートが大人に相応しいかシルエットごとにRIKACOさんに指南していただきます。

ANAYIのガウチョパンツがRIKACOの定番スタイルなわけよ
スカートのように見えるデザインだからコーディネートも簡単です。コンパクトなサイズ感のMA-1風のブルゾンをあえてキレイめにまとめます。ホワイトガウチョパンツ¥19,000(ANAYI)MA-1ブルゾン¥25,000(AULA AILA/DraSTic)ノースリーブシャツ¥16,000〈ユナイテッドアローズ〉パンプス¥81,000〈ジャンヴィト ロッシ〉(ともにユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)ベルト¥11,000(メゾン ボワネ/ウィム ガゼット 玉川高島屋S・C店)ピアス¥6,500(ELLA/AMIW 代官山店)バングル¥36,000(エディ ボルゴ/アパルトモン ドゥーズィエム クラス 事業部)
1 スカートの延長でコーディネートができるデザインなら失敗がないわけよ
 
2 だってさ、ボリューム感の違う2枚のガウチョを攻略するにはバランスが要じゃん?
 
3 春夏物が出揃ったプレスルームでのリース、春の到来が待ち遠しくなっちゃうってわけよ!
 

シルエットを吟味し
バランスを考え
コーディネートします

この春夏はガウチョパンツが人気なので、さまざまなシルエットや丈のものが出ています。ガウチョパンツの入口としてオススメなのは、ふんわりスカートの延長で穿ける膝丈のタイプ。これなら慣れ親しんだアイテムと同様なコーディネートが可能です。さらに新鮮さを狙うのならスカートタイプのように裾に広がりのないもので、丈は七分くらいがベスト。足元にソックスを持ってきたり、流行りのビルケン系のサンダル、パンプスと印象を変えて楽しめます。大切なのはバランス。コレクションでは上下ダボダボなシルエットも見かけますが、アンバランスを上手く成功させるのは至難の業なのでコンパクトにまとめるのが正解です。

 
撮影/ササキヨシヒロ〈人物〉、小林美菜子〈静物〉 モデル・スタイリスト/RIKACO
スタイリストアシスタント/大塩リエ ヘア・メーク/山形栄介(ROI) 取材/小花有紀 構成/伊達敦子
デザイン/白石デザイン・オフィス
[STORY 5月号 P182~]

【STORY】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

「ガウチョパンツ」の着こなし方を指南!

FacebookでX BRANDをフォロー