ここから本文です

Numero TOKYO

Numero TOKYO 表紙
最新!! 10月号
8月27日発売
扶桑社
前へ 7/7 次へ

2015/04/21

最新デニムの
リアルモード講座
 

リーバイスのミドル丈リメイクスカート ラングラーの70年代のデッドストックパンツ
(左)程よい色落ち感のリーバイスのミドル丈リメイクスカート¥19,074 (右)ラングラーの70年代のデッドストックパンツ¥11,944 ライトオンス生地とフレアラインが特徴。センタープレスにより縦のラインが強調されるのもうれしい。

JANTIQUES

業界人御用達ショップの
ハイセンスなデニムスタイル

ファッショニスタなら知らない人はいない、中目黒の人気のヴィンテージショップ。アメリカやヨーロッパから買い付けたリーバイス501などの定番ヴィンテージやデッドストック、オリジナルまで、さまざまなデニムをラインナップしている。現在のおすすめはハイウエストで股上の深いタイプ。70’sテイストのトップとのコーディネートや、ボーイズサイズのデニムトップと合わせるデニムonデニムなどの着こなしも提案。
 

ジャンティーク

ジャンティーク
東京都目黒区上目黒2-25-13 TEL:03-5704-8188
(営)12:00~21:00 不定休

リーバイス「ショートホーン」のデニムウエスタンシャツ リーバイス501XXの通称「66モデル」
(上)リーバイス「ショートホーン」のデニムウエスタンシャツ¥49,800  1950年代に製造・販売されたもので、これは着丈がカットされているため女性でも着こなしやすい。(下)人気のリーバイス501XXの通称「66モデル」¥39,800 ヴィンテージデニム初心者にも取り入れやすい色落ちと値段とのバランスが魅力。

BerBerJin

原宿の「老舗」ならではの
奥深いヴィンテージデニム

アメリカの定番ヴィンテージで埋め尽くされた2フロアの店内の、地下1階は、デニムパンツやジャケットが所狭しと並ぶヴィンテージデニムの“聖地”。常時300点ほどを揃えているため、自分に合った色落ちやシルエットを探しやすく、専門知識が豊富なスタッフがヴィンテージの選び方、はきこなし方をレクチャーしてくれる。ヴィンテージデニム初心者には、リーバイスの不動の定番501やスリムストレートの505がおすすめとのこと。
 

ベルベルジン

ベルベルジン
東京都渋谷区神宮前3-26-11 原宿SHビル
TEL:03-3401-4666
(営)11:00~20:00 無休
>>公式サイト

 
[Numero TOKYO 5月号 P108~]

【Numero TOKYO】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

最新デニムのリアルモード講座

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年5月号

体も心も解放するオーガニックライフ

70s&オーガニックが気分 春夏のイメージボード/白一色のワントーンコーデ あなたは「甘・辛」どう着る?/体が生き返る、オーガニック養生/菜々緒 ビューティ

2015年5月号 3月28日発売 扶桑社 定価720円

体も心も解放するオーガニックライフ