ここから本文です

MEN'S EX

MEN'S EX 表紙
最新!! 9月号
8月6日発売
世界文化社
前へ 1/6

2015/04/28

抑えたなかにも
センスが光る配色テク
 

スーツ着用のビジネスマンであれば、コンサバかつ正当であることが重要だが、単に地味で終わらないよう配色にはひと工夫を。

「ほぼスーツ通勤」のコンサバティブのための6DAYS コーディネート 新規事業の立ち上げ NEXT >

オリンピック開催に向け、国内企業と
組む特別企画は好発進の予感

事前企画は、提携企業とコンセンサスを得るのも目的のひとつ。調和を図るためにも、自身のカラーを押し出し過ぎないようベーシックでまとめるのが正解だ。そこで、ビジネスジャケパンの王道ネイビー×グレーの出番。ただし、普通に終始しては自分の存在感を示せない。タイは差し色、シューズもモンクストラップで、王道からの外しをさりげなく。
 
ジャケット19万円/カルーゾ(伊勢丹新宿店)、シャツ3万5000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール)、パンツ3万2000円/ GTA(八木通商)、靴12万5000円/マックスヴェッレ(バーニーズ ニューヨーク)、ネクタイ1万5000円/ステファノビジ(シップス 銀座店)、バッグ27万5000円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)、チーフ8000円/アトリエF&B(エストネーション)、ベルト1万5000円〈参考価格〉/アンダーソンズ(エスディーアイ)
 
[MEN'S EX 5月号 p76~]

【MEN'S EX】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

配色テクが光るビジネスマンの着こなしサンプル

FacebookでX BRANDをフォロー