ここから本文です

OCEANS

OCEANS 表紙
最新!! 10月号
8月24日発売
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア

2015/04/28

目指せ、この春いちばんのカラーマスター
 

BLUE まずは、祈らず試せ! 「困ったときの青頼み」
1を着用
定番をトレンドに変える
インディゴブルーのチカラ

サーマルもトレンドカラーのインディゴブルーで最旬アイテムに早変わり。もちろん、休日の相棒であるデニムとも相思相愛。
 
カットソーは前ページ(1)と同じ。デニム3万円/AG(バーニーズ ニューヨーク)、ストール6500円/ティーエスエス(ティーエスエス 代官山ストア)、ブレスレット5万8000円/ジャック・ウォーカー(S.O.S fp 恵比寿本店)、靴4万9000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO)
2を着用
難しい総柄も
優れた万能性で解決!

総柄でもブルー系だから取り入れやすい。加えて、全体を同系色でまとめれば、そのインパクトをうまく抑えることができる。
 
ジャケットは前ページ(2)と同じ。ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、デニム1万8000円/A.P.C.、メガネ4万1000円/ルノア(グローブスペックス 渋谷店)、スニーカー2万円/ホワイトマウンテニアリング×アディダス オリジナルス(ホワイトマウンテニアリング)
3を着用
青の柔軟剤的効能で
ブラックデニムの角を取る

モードな面構えのブラックデニムも、ブルーが加わることでカジュアル化。軽い素材のアイテムを選ぶと春めいたスタイルに。
 
パーカは前ページ(3)と同じ。シャツ1万5000円/サタデーズ サーフ ニューヨーク、デニム2万6000円/AG(エージー ジャパン)、キャップ7000円/エスダブル(エスダブル スタジオ)、スニーカー1万4000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ)
8を着用
艶っぽさを軽減する
爽やかブルーマジック

キザっぽく見えがちなカラーシャツも、青空のように爽快なブルーなら清々しくなる。上下で色のコントラストをつけると◎。
 
シャツは前ページ(8)と同じ。パンツ2万5000円/ティーエスエス(ティーエスエス 代官山ストア)、肩に掛けたニット2万1000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン)、サングラス4万2000円/アイヴァン 7285(ブリンク)、靴6万8000円[参考価格]/サントーニ(オークニジャパン)
10を着用
マンネリ感を払拭する
春のトキメキブルー

楽ちんパンツをはきたいとき、グレーでは普通&地味……。そう思うときこそブルーを。色彩を抑えたトップスも一気に華やぐ。
 
パンツは前ページ(10)と同じ。ジャケット4万6000円/ジャーナル スタンダード アクアリンク(ジャーナル スタンダード 表参道)、ニット2万9000円/ストーンアイランド(ナノ・ユニバース 東京)、腕時計33万円/タグ・ホイヤー、スニーカー1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ)
 
[OCEANS 5月号 P122~]

この記事のキーワード

【OCEANS】の新着記事

PICK UP

編集部がイチオシ記事をピックアップ!

目指せ、この春いちばんのカラーマスター

FacebookでX BRANDをフォロー

2015年5月号

37.5歳の好きな服

アップデート!! 大人カジュアル/OCEANS コラボマーケット/目指せ、この春いちばんのカラーマスター/自動車メーカーの哲学は内装にあり

2015年5月号 3月24日発売 インターナショナル・ラグジュアリー・メディア 定価780円

37.5歳の好きな服