ここから本文です

Numero TOKYO

Numero TOKYO 表紙
最新!! 12月号
10月28日発売
扶桑社
前へ 1/7

触りたくなるマシュマロボディが旬
“ふわとろ”ボディの作り方
 

時代はリラックスモードなカジュアルが主流へ。それを受けて、頑張りすぎないゆるりとした美しさが、今とっても気になるビューティの価値観へ。少女時代やKARAをはじめ注目されるのは、筋肉質ではなくふんわりしたマシュマロのような柔ボディ。新しいアジアンビューティの真骨頂、“ふわとろ”ボディの作り方を教えます。
 

そもそも、なぜ“ふわとろ”ボディがアジアンビューティ?
紗栄子
Photo:kazutaka Nakamura

井川遥さん、キム・テヒさん、小嶋陽菜さん、紗栄子さん、長澤まさみさん、ビビアン・スーさん、平子理沙さん、深田恭子さん……、Numero TOKYOのビューティストーリーに登場した女性たちは、みんな“ふわとろ”ボディの持ち主。世界中の女子が憧れたSATCで披露した、サラ・ジェシカ・パーカーの筋肉質な“スジ脚”ではなく、触りたくなるような柔らかさとたっぷりの潤いを感じさせるマシュマロ肌。だけれども、女性として締まるところはしっかり引き締まっている見事なボディに今、注目が集まっている。

ただガリガリに痩せているのでもなく、筋肉質な印象でもなく、女性らしい丸みがしっかりありつつも、脚や背中、ヒップの上がり具合などは申し分のないパーフェクトなスタイル! 手を抜かずに細部をしっかりボディメイキングして見えない部分は引き締めるという、日本ならではの美意識が貫かれた理想的なボディなのだ。KARAや少女時代など、美脚ブームを引き起こした韓国もこの美意識は同様。ボディを覆う肌は、徹底した保湿ケアでもっちりなめらか! 外見は柔らかく見えて、内側のコアな部分の筋肉が引き締まり、そのマシュマロのようなふんわりしたボディを実現している。程よく引き締まったボディに、透明感のある肌は、その美意識の高さを感じさせる努力の賜物。ストイックに筋トレやトレーニングを重ねた、欧米人のような筋肉質な引き締まりではなく、「あの人、絶対しっかりケアしているよね~」と想像させる、ケアして&動かしているリラックスを漂わす“ふわとろ”ボディこそが、今の時代が求める理想のボディ!
 

 
Illustration : Izuru Aminaka, Text : Kumiko Ishizuka, Edit & Text : Hisako Yamazaki
[Numero TOKYO 7月号 P126~]
<<前のページへ1234567次のページへ>>

1万いいね到達!/ X BRAND 公式 Facebookページ

新しいアジアンビューティの流れ

いま注目の“可愛い力”

いま注目の“可愛い力”

不思議可愛いローラに密着/平子理沙の「可愛い力」のモトに迫る!/篠山紀信が撮り下ろした表現者・高橋大輔/羨望の女、ヨンアの魅力

2012年7・8月合併号 5月28日発売 扶桑社 定価700円
限定プレゼントや橘さくらの占いなど、特典いっぱいのヌメロ・トウキョウ・メンバー募集中!

【試し読み可能】タブレットやPCで手軽に読めるNumero TOKYOのデジタル版をチェック!